機雷がなんだ! 全速前進!

SEというかプログラマというか、日々のエンジニア生活の中で体験したことなどを中心に書きためていくことにする。

*[本]業務システムクラウド移行の定石

f:id:orinbou:20200301141128p:plain

業務システムクラウド移行の定石

オンプレからクラウドへシステム移行する際の手順がステップごとに分かりやすく記載してある。経験値が少ない人、ある程度経験はあるが進め方や観点の漏れ抜けがないか気になる人にとって良い本だと思う。教科書的な内容になってて、技術的な深さはあまりなく泥臭い話(具体的な事例)とかは出てこない。

 

クラウド移行の全体手順は下記の5ステップに分けて説明されている。(※大項目)

  • Step1:企画フェーズ

 クラウドとは何かを理解したうえで、クラウド移行の目的を明らかにし、目標を設定し合意を取る。さらに、その後の進め方や体制を計画し、承認を得る

  • Step2:戦略・分析フェーズ

 現状のインフラやシステムの状況を把握するとともに、クラウドに要求される事項などを明確にする。移行の対象候補システムや移行の順番付けの考え方などを明らかにする

  • Step3:PoC(実証実験)フェーズ

 詳細な設計作業や標準化作業にはいる前に、実際にサービスを利用しながら、プラットフォームに関する懸念点などを検証する

  • Step4:設計・移行フェーズ

 ここまでの内容を踏まえ、システムごとに設計や移行を行う。必要に応じて、標準化や共通化も推進する

  • Step5:運用・改善フェーズ

 運用を開始する。運用を通じて得た知見に基づき、戦略を見直したり設計内容を改善したりする

 

また、移行プロジェクトを進めるにあたり、主導権を社内の情シスがCoEを組織して担当することの重要性についても言及している。これは 前回記事 にも通じるものがある。(丸投げは空洞化を招くのでアンチパターンという文脈のやつ)

 

最終章(5.5章)の、某ITコンサルタントの次のセリフが印象的でした。

「実はこの考え方は、クラウド移行だけに当てはまるものではありません。新規ビジネスの立ち上げや新しいシステムの構築など、変化する環境の中で早く成果を出す必要のある領域全てに適用できます」

アジャイルコーチ Ryutaro YOSHIBA (@ryuzee) | Twitter さんらしいですね(笑)

 

books.rakuten.co.jp