機雷がなんだ! 全速前進!

SEというかプログラマというか、日々のエンジニア生活の中で体験したことなどを中心に書きためていくことにする。

*[本]百年アーキテクチャ~持続可能な情報システムの条件~

f:id:orinbou:20200224113125p:plain

オージス総研の本 [百年アーキテクチャ]

10年近く前に書かれた本ですが、それほど古さを感じない内容でした。この本が本質を突いているということもあるんだろうけど、日本のIT活用や業界構造の課題がこの10年間それほど変わっていないってことなのかもしれない。アジャイル開発やレガシーオフショア(主に中国に対する)による失敗などについても言及されており、なかなか共感できる点も多かった。

 

この本で語られている「百年アーキテクチャ」のコンセプトは、ビジネス(業務)とそれを支える情報システム(IT)をモデルの形で整理しておき、ビジネスを変更した際に、遅れなく情報システムも変化修整(※「修正」でなく)できるようにする、というものだそうだ。

 

この本の全体を通じて、下記に示す4つのアーキテクチャ成熟度ステージ(MIT Sloan)を前提にして様々なことが語られており、このステージ間の移行には、技術、プロセス、そして何よりも社員の文化が深く影響するんだとか。各ステージに見合った戦略をとらないとうまくいかない、ってのは確かに。あまり体系的に考えたことなかったのでこの観点は参考になる。

  • ステージ1.Business Silos:個別IT(サイロ型システム)

 個々の利用部門のビジネスニーズやシステムへの要求を最大限満たすことに注力

  • ステージ2.Standardized Technology:標準化でコストダウン(IT標準化)

 技術の標準化や集中化を通じてITの効率化を追求

  • ステージ3.Optimized Core:企業全体視点(ビジネス最適化)

 企業のビジネスモデルに応じて、全社視点からのコア業務とコアデータの標準化を進める

  • ステージ4.Business Modularity:戦略視点(ビジネスモジュール化)

 疎結合状態でサービス化されたビジネスプロセスコンポーネントを再利用して、コア部分はグローバル標準を担保しつつローカルの自由度を許している

 

この本の中で紹介されているシステム・ダイナミックス(SD)モデルによるステージアップのシナリオでは、1つのステージに必要な期間を5年として、4つのステージを20年かけて上がっていくと説明されているのだが、これではいくらなんでも遅すぎるように思えた。ただ、百年アーキテクチャ、って言ってるので、本気で100年を前提にするなら、その1/5の20年をかけるってのは、妥当ってことなのか。ケース・バイ・ケースなんでしょうけど、この時間感覚にはちょっと共感できなかった。

 

ビジネスにおいて企業のIT戦略が重要な地位を占めるようになっていく(※現在は、もう既になっていると思うけど)ので、企業のIT部門(情シス?)も成長していく必要がある。というのは、ずっと言われていることですね。今後は、今以上にビジネスにスピートが求められてくるとなると、多重請負構造による丸投げ開発っていう伝家の宝刀は、今までみたいには使えなくなりますね。

 

下記の図は、この書籍(P.133)でも紹介されている情報サービス産業協会(JISA)が2009年5月に今後5~10年間の業界構造変化についてまとめたもの(つまり10年前の資料)です。既に10年が経過していますが、まだ展望のようにはなってないかもしれません。しかし、これからベンダが生き残っていくためには右側(展望)で飯食えるようになっていかないと淘汰されるんでしょうね。

f:id:orinbou:20200224143828p:plain

巷では、DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~(METI/経済産業省)とかって言われてますし、最近の採用の動向を見てみても、IT企業じゃない企業(製造業や量販店など)のIT部門強化と思われる中途採用の求人も非常に多いので「全ての企業が“IT企業”に」っていう時代になりつつあるのを感じます。

 

books.rakuten.co.jp